価格:¥409
著者:和久峻三
出版社:角川書店
発行年月:1989年06月
ISBN:9784041421871
種類:文庫 (角川文庫)
在庫状況:出版社に在庫確認
高校2年の園村雅春は8ビットのパソコン2台と、すべての部品を秋葉原で買い集め、最初から最後まで自分の手で組み立てた16ビットのマシン「ナポレオン」を駆使し、ゲームソフト作りに熱中していた。彼の母の世津子はプログラマーでシステムエンジニリアング会社の取締役をしており、井原西鶴に没頭する大学助教授の夫を内心馬鹿にしていた。父は「好色一代男」を地でいく遊び人となり、母は社長の三宅と愛し合っていて、ふたりともほとんど家にいなかった。雅春は母の会社が出している雑誌記事に応じ会社のホストコンピユータに侵入したのを手はじめに、次々と世津子の会社が製作したシステムへの侵入に成功した。次に目ざすのは最大の難関三洋銀行のオンラインだった。そして、三洋銀行の端末機にコードネーム「闇の帝王」から5億円を要求する脅迫メッセージが入った。
商品画像
この著者の別の本
 
Copyright (C) 2014 Harumeki-Web All Rights Reserved.