価格:¥1650
著者:ルイーザ・ギルダー/山田 克哉
出版社:講談社
発行年月:2016年10月19日頃
ISBN:9784062579810
種類:新書 (ブルーバックス)
在庫状況:お取り寄せ
一人の天才の独創によって誕生した相対論に対し、量子論は、多数の物理学者たちの努力によって構築されてきた。数十年におよぶ精緻化のプロセスで、彼らを最も悩ませた奇妙な現象=「量子もつれ」。たとえ100億km離れていても瞬時に情報が伝わる、すなわち、因果律を破るようにみえる謎の量子状態は、どんな論争を経て、理解されてきたのか。EPRパラドックス、隠れた変数、ベルの不等式、局所性と非局所性、そして量子の実在をめぐる議論…。当事者たちの論文や書簡、公の場での発言、討論などを渉猟し尽くし、8年超の歳月をかけて気鋭の科学ジャーナリストがリアルに再現した、物理学史上最大のドラマー。
商品画像
 
Copyright (C) 2014 Harumeki-Web All Rights Reserved.